プログラマーができる副業

プログラマーの方々に向けた副業として、スマホアプリの開発という副業があります。
この副業は3種類あり、一つは短期で制作可能な有料アプリを公開し収入とする方法でもう一つは長期的にアプリを開発し、課金という手法で利益を得る方法です。
短期のアプリ開発はフリーランスのエンジニアの方が、ランサーズやクラウドワークスというフリーランス支援サイトでお仕事を得ることが可能で、2つ目の長期のアプリ開発についてはクラウドファンディングにて資金を集める手法でゲームなどのサービスを開発するという手法がとれるのが特徴です。
両者ともに本業がプログラマーの仕事で現役で働いている方であればあるほど望ましいネット副業で、現在、スマートフォンのアプリ開発はかなり産業として伸びているため副業としてはかなりビジネスチャンスがあります。
中でもスマホの機能を拡張するアプリなどは人気があり、例えば、レシートをカメラで撮影することで金額を読み取り、項目ごとの家計簿を作成するアプリなど生活を向上させる便利なアプリであればネットビジネスとして成立し利益を得ることができるのです。
そして3つ目ですが、急速にスマートフォンが普及したことで問題とされているのは、スマートフォン自体のセキュリティ問題です。これらセキュリティ問題のお仕事についても各スマートフォンを作っている会社はエンジニアやプログラマーを募集しいます。
つまり、3つ目の方法は企業にフリーランスのエンジニアやプログラマーとして雇われることを指します。企業は、インターネット上でお仕事をしてくれる人を募集しているのでアプリやスマホ自体を改良することができるエンジニアやプログラマーは需要があるとみてよいです。
なお、企業から直接依頼される場合、各々のプログラミング技術などをテストしたのちにお仕事をすることが多いですが、企業のテストに合格すればたとえフリーランスのエンジニアでも、スマホのアプリやスマホのセキュリティ開発に加わることができますので本業をしながら、スマホの開発に加わることもできます。
ただし、企業に雇われてお仕事をしていますので納期というものがあり、この納期を守らなければならないため、本業が忙しくなると副業のお仕事が進まないという問題が起きた場合、どちらを優先させる必要があるかを選ばないといけないという問題があります。
ただ、プログラマーのお仕事は増加傾向にありますので、あえて本業を辞めてしまって、副業であるフリーランスのプログラマーの仕事を本業とすることも可能ですのでプログラマーやエンジニアは自分が優秀であればお仕事はたくさん来ると言見てよいでしょう。
自分の評価を上げるために最初の内はフリーランスで仕事をこなしつつ、徐々に大きなプロジェクトに関われるようなフリーランスプログラマー、エンジニアになるのが理想となります。